パンノンハルマ修道院

そういやこないだテレ朝の「世界の車窓から」で、ハンガリーのパンノンハルマ修道院が出てきたんですよ。ここ、一人旅で行ったとこだったので思わず録画してしまいましたよ!懐かしいなあ。
P10407731.jpg

P10407901.jpg

P10407671.jpg

P10407931.jpg

ジュールという町からバスで向かったんですけど、「パンノンハルマ修道院に行きたい」と言うと、英語は通じないのにバスの運転手さんや乗客のおばちゃんがすごい親切に指差し案内してくれたんですよ。

また一人旅行きたいなあ。

いや、一人旅じゃなくて、子とふたりで旅行したいな!


ドナウの真珠

ブダペストの写真でも。

夜のブダペスト






↓独房のようなブダペストの宿。
こうして見ると小奇麗に見えますけど、この写真の反対側の壁はひび割れ、天井破れてるし、トイレは暖房が狂って蒸し風呂状態、テレビなんてもちろんないし、夜電気を消すとも1コのベットに誰か寝てそうな雰囲気むんむんで、滞在5日間電気つけっぱで寝ましたですよ。あーこわかった。ブダペスト中心地1泊28ユーロだから仕方ないですけども。

10月23日ハンガリー

最近大きめの地震が立て続けに起こってて、ちょっと心配です。
そういや昔、小学校くらいの頃?地震が起きたら竹藪に隠れろ、みたいなことを言われてたんですが、これって、避難方法としてはあんまり意味ないらしいですな。当時も「た、竹やぶってどこにあるの!!」て思いましたが。住んでたの鹿児島市内のど真ん中だったしな、、、。そこまで田舎じゃないだろ。

家具の地震対策とかちゃんとやろうと思いました。

最近の日々の暮らしとしては他に特に書くこともないので旅の写真でも。

去年ハンガリーを旅行中偶然、ハンガリー動乱の起こった10月23日(1956年)にあたって、ブタペストの大通りは物々しい雰囲気に包まれておりました。

↑機動隊みたいなひともいるし。

↑旗持って演説を聞く人々。

↑これ、今バイクが信号待ちしてるんだけど、このあとものすごい轟音で走り去るんだな。

昨日まで車車車の道路がこの日はこんな感じ。


珍しいものを目にしましたよ。

そういや私、去年のハンガリー旅行中の日記で、この日のことを「建国記念日」みたいに書いてしまいましたが、違いました。ソ連に対する蜂起の日でした。インフォメーションのおじちゃんが「10月23日は国の記念日で店は休みになるよ」って言ってたのをなんだか間違えて理解してました。勉強不足でした。失礼いたしました~~~!

6月が

30日までしかなくてフツウにビックリしました。何年生きてるんだわたし。

旅の写真とか、ブログにペタペタ貼れたらな~~~と思いつつ、なかなかできずにいるんですが、う~~~ん、あんまり一気にやろうとせずに、書くことない時にちょこちょこやっていこうかな!て思いました。

さっそく書くことないので




ハンガリーの地下鉄のエスカレーター。

長い、そして
ものすごく速い。
プロフィール

尾崎衣良

Author:尾崎衣良
まんが

4/8発売
プチコミック5月号
「深夜のダメ恋図鑑」
file.20+21
16P+16P


1/10
コミックス
小学館フラワーコミックスα
「尾崎衣良初期傑作集ダメ恋前夜」
 


メールフォームは下にあります↓
1週間程しても返事がない場合はメールの不着が考えられますので(1度そういうことありました)、その際は大変お手数おかけして申し訳ありませんが再度送っていただけましたら幸いです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
コミックス
検索フォーム
リンク
QRコード
QR